ジョニー・デップ、撮影スタッフを殴って訴えられる

ハリウッド俳優のジョニー・デップ(55)が映画の撮影クルーに暴力をふるい、訴訟を起こされてしまった。The Hollywood Reporter(以下THR)が報じている。
デップは昨年、実在したラッパー、ノトーリアス・B.I.G.の暗殺を題材とした映画『City of Lies』の撮影を行っていた。伝説のラッパーの衝撃的な死から約15年。デップは未だ解明されていない事件の謎に立ち向かう刑事を演じ
Source: グノシー