生まれてすぐに養子に出された26歳男性が、祖父の訃報がきっかけで実母と再会する

家族になるのに、血のつながりは不可欠ではない。
養子として夫婦に引き取られ、立派な大人に成長した26歳のジャスティンさんも、きっとそう思っているに違いない。
しかしそれでも、「実の母親に会いたい」という気持ちは消せずにいた。そんな彼の願いは、”祖父の死”によって叶うこととなった。
「あなたは養子」と言われて育った
ジャスティンさんの育ての母親は、小さい頃から彼が養子であることを隠さずにいたという。
Source: グノシー