"ソウルの女王"アレサ・フランクリンが危篤「長いこと調子の悪い状態が続いていた」

“ソウルの女王”と呼ばれる米国の伝説的歌手のアレサ・フランクリンが現在、危篤状態にあると報じられた。
米『People』誌によると、御年76歳のアレサは、「長いこと調子の悪い状態が続いていた」ものの、「人に知られたくなく、公表しなかった」とのことだ。
アレサに近い情報筋がゴシップサイト『TMZ』に語った所によると、「アレサはいつ亡くなってもおかしくない状態」であり、その体重は約39kgまで落ちてい
Source: グノシー